学科の紹介 詳細

技術・家庭(技術)

地図コンテンツを活用して防災に関する問題を解決しよう(研究発表会)

今年度の研究発表会では、新学習指導要領で新しく示された「ネットワークを利用した双方向のデジタルコンテンツプログラムによる問題解決」を題材として取り上げました。この学習では、1年生の終わりに取り組んだ「気象庁の気象情報サイトを調べる学習」を通して気づいた情報の技術における見方・考え方を働かせて、生徒自ら課題を設定し、解決策を具体化し、プログラム制作を行いました。公開授業では、情報の技術の見方・考え方を働かせて、制作したコンテンツプログラムを評価し、プログラムの設計を見直しました。

第1学年 材料と加工の技術 まげわっぱ弁当の秘密を探ろう

材料と加工の技術における見方・考え方に気付く授業として、まげわっぱ弁当箱の観察を行いました。今回授業で観察したまげわっぱ弁当箱は、神山町で神山杉を使ってまげわっぱを製作しているフードフォトグラファーの近藤奈央さんからおかりしました。かんなを使用してとても薄く削られていることや丸く曲げた接合部分に桜などの樹皮が使われていることなど、驚きがたくさんあったようです。また、一般的に普及しているプラスチックの弁当箱と比較し木材の良さを知ることができたようです。

家電製品の最新技術の秘密について考えました

現在発売されている家電製品の開発の経緯を知り,技術がどのような方向性で開発されているか調べる学習を行いました。技術は,人の願いを叶えるだけでなく,環境に配慮したり,安全性を考慮したり,効率を上げたりする方向性で開発されていることを理解しました。

問題解決ワークショップ

ジェームズダイソン財団から講師をお招きし,問題解決ワークショップを開催しました。

学校生活における問題を発見し,それを解決するための製品をグループで考えました。

掃除のときにちりとりでゴミが取りにくい問題を解決するために,リアス式海岸からヒントを得たちりとりを考えたり,机を楽に運ぶための装置を考えたりしました。

 

サイクロン式掃除機の秘密を探ろう

ジェームズダイソン財団から掃除機をお借りし,サイクロン式掃除機の分解・組立ての授業を行いました。

掃除機の開発の経緯やゴミを吸う仕組みを学習し,エンジニアへの興味を持つことができました。

教科の内容

技術分野では,3年生でコンピュータによる計測・制御の授業をしています。本校では,教育用レゴブロックを使って,センサーカーを作り,それを課題どおりに動かすことで,計測・制御の基本を学びます。生徒たちは,ロボットを思い通りに動かすために試行錯誤を繰り返し,プログラムを組んでいます。思った通りに動いたときには,大きな歓声が上がります。
充実感に満ちた授業を展開しています。本校生徒を含む徳島県下の中学生の技術・家庭科作品などは,こちらをごらんください。

平成29年度使用教科用図書

技術分野:東京書籍

身の回りの電気製品に使われている抵抗器の特徴を知ろう

鳴門教育大学 技術研究室 伊藤先生,留学生の馬先生が来校され,授業をしてくださいました。内容は,2年生理科で学習したオームの法則が1kΩを越えるような大きな抵抗を使っても成り立つかを確かめるというものです。生徒は,新たに開発された実験教材やタブレットPCを用いて,電流や電圧の測定を行いました。今後とも,鳴門教育大学と連携した授業を進めていきたいと考えています。

マルチラックの製作(2年生)

現在,マルチラックの製作をしています。生徒それぞれが自分の部屋を整頓するために,目的の応じたマルチラックを考案し,設計図を書き,それに基づいて製作しています。友達の協力や先生からのアドバイスを得て,一生懸命取り組んでいます。

教科の一覧に戻る