校長室から

♪ つぼみをあげよう 庭のハナミズキ ♪





  1か月前の始業式と入学式に登校した生徒たちは,本校のシンボルツリーでもある中庭に満開に咲き誇る桜を目にしました。今では,花びらが散り新緑の若葉が桜の木全体を覆っています。そしてその奥で今は,白く可憐なハナミズキが満開です(写真上段)。子供たちには,「1ヶ月ぶりのみんなの登校を今度はハナミズキが満開で迎えてくれたよ!」と呼びかけるつもりでした。しかしながら,またも休校措置は3週間近く延長となり,学校再開までは,登校日も中止となってしまいました。「え-っ!」ていう思いはもちろんありましたが,子供の健康と安全,そして不安要素の残る中での学校再会が及ぼす,家族や社会へのリスクを考えれば当然の結果なのかとも思います。何にも増して,再開の準備を重ねてきて,子供たちと会える日をキリンさんのごとく(!)待ちわびていた我々の落胆より,子供たち,そして親御さんの方がはるかに無念な思いでいっぱいだと思います。
  子供たちのいない校舎(写真上から2段目)は,当然ながらひっそりとしており,寂しさが漂っています。やはり,学校は子供がいてこそ輝きます。徳島県では,入学式が終わり,再度の休校措置となった4月11日以降,2週間後にあたる27日か28日に限り短時間の登校日の設定が許可されました。そこで,本校では,分散登校の意味合いからも,新しく届いたテキストを3教科分渡す必要のあった3年生(2教科はすでにレターパックで3年生の全家庭に送付済)のみ,午前中3時間の登校としました。検温カードを忘れてきた生徒は,非接触体温計で計測し,教室に入る前には全員が手洗いをして,教室の窓はずっと全開という中での,短時間の学校生活でしたが,マスク姿の子供たちはルールを守って,友との再会を喜び,僅かな学習時間にも真剣に取組ました(写真3段目)。
  本来の計画では,5月15日には新入生歓迎音楽会を予定しておりました。これは,2年生,3年生がクラスごとに温かい歌声で新入生を歓迎し,1年生もクラス練習を通して団結を深め,一生懸命合唱を披露する,本校で半世紀以上続く伝統行事です。その中で,私たち教員も毎年,ステージで合唱を披露しています。あまり練習もできないままでの披露ですが,新入生をはじめ,全校生徒と本校の教員がまさにワンチームを実感する,年度のスタートに相応しい行事でした。今年はその時期には,まだ学校生活がスタートできず,本当に子供たちには申し訳なく思います。そこで,2年生,3年生,そして昨年参観いただいた保護者の皆様の中には記憶に残っている方もいらっしゃるかもわかりませんが,昨年度の新歓音楽会の教員合唱で歌った歌詞(替え歌)を再度紹介いたします。これは本校の音楽科の教員が考えた歌詞で,全教員が共感して大きな声で歌いました。少し(かなり?)古い曲ですが,ウルフルズ(原曲は坂本九1963年リリース)の「明日があるさ」(JASRACK000-0561-4)の替え歌です。 ♪ …明日がある 明日がある 明日があるさ 附属中学の先生は みんな優しくて仲良しさ 手をつないで 力合わせ附中を守るぞ 明日がある 明日がある 明日があるさ 苦しい事悲しい事が これからたくさんあるけれど 負けるんじゃない逃げるんじゃない 一人ではないから 友達がいる 先生がいる 家族がいるさ 明日がある 附中生には夢がある いつかきっと いつかきっと かなえられるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ… ♪ もう少しの辛抱をお願いしなくてはなりませんが,夜明けの来ない夜はありません。明日を信じてもうひと頑張りをお願いします。学力補充に向けたワークシートや動画配信等,本校の教員も知恵を出し合って計画を進めています。大学も今後を考えた遠隔授業等について,いろいろ方策を示して検討を進めてくれています。私はと言えば,たいした知恵も出せないので,ひたすら汗を出すことに徹しています(写真下段)。
  最後に表題の曲です。昔から一青窈さんの歌声とこの曲はとても好きだったのですが,本校の中庭に咲く満開のハナミズキを見るたびに,この季節にはよく口ずさんでいました。しかし,今年はこんな状況の中で,このメロディが今まで以上に身にしみます。意外にもこの曲は「平成の時代に最も歌われた曲!」だそうです。最も売れた曲ではなく,歌われた曲ということで,カラオケ店等の統計のようです。それも断トツで2位を引き離してのナンバー1だそうです。いろいろな理由が考えられますが,そもそもこの歌は,9.11のアメリカで起こった史上最悪のテロの直後に人類の平和を願って作られたそうです。この曲を聴きながら,一日も早く平和な日常生活と共に,子供たちの笑顔と明るい声にあふれる学び舎が戻って来ることを心から願う毎日です。
 

過去記事一覧

2020年度

♪ 卯(う)の花の匂う垣根に 時鳥(ほととぎす)早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ   ♪ (2020年6月23日)

♪ 夜明けは近い よーあーけはーちかいー ♪ (2020年5月26日)

♪ つぼみをあげよう 庭のハナミズキ ♪ (2020年5月3日)

♪ 命はひとつ 人生は1回 だから命をすてないようにね ♪ (2020年4月20日)

♪ 荒れた青春の海は厳しいけれど 明日の岸辺へと夢の舟よ進め ♪ (2020年4月10日)