生徒の活動詳細

その他の活動

四国総体(硬式テニス)



令和元年8月3日(土)に行われた四国中学校総合体育大会に本校の生徒が出場しました。硬式テニス団体に出場した男子7名は,1回戦で高知県の高知中学校と対戦しました。4-1で敗退してしまいましたが,精一杯のプレイとチームが一丸となり応援をしている姿に感動しました。目標であった全国大会出場を果たすことはできませんでしたが,来年度この雪辱を果たしてくれることを期待しています。



市陸上競技大会



令和元年7月29日(月)に行われた,徳島市陸上競技大会に本校の生徒が8名参加しました。1週間という短い練習期間ではありましたが,女子は走幅跳・走高跳で3位,4×100mRでは7位に入賞し,男子1500mでは8位に入る大活躍を見せてくれました。



1秒でも速く,1cmでも高く・遠くに跳べるように自分の走りや動きについて一生懸命考え,限界にチャレンジする姿がとてもかっこよかったです。



今後の活躍も期待しています。



夏休み中学生県議会体験会(7月26日)



3年生5名が県庁を訪れ,体験会に参加しました。テレビでしか見たことのなかった議事堂を見学させていただき,その後,グループにわかれ,県議会議員の方々と「未来へつながる消費をしよう」というテーマで意見交換を行いました。エシカル消費についての自分の取組や考え,徳島県に行ってほしい取組などを提案し,その後,議事堂で本校の生徒が代表して全体に意見を述べました。とても貴重な体験ができたとともに,今後の学習にもつながる学びができました。



青少年赤十字徳島県リーダーシップ・トレーニングセンター(7月23・24日)



附属中学校から1年生から3年生まで10名の生徒が参加しました。2日間にわたり,赤十字の活動,リーダーシップ,国際理解や親善(ネパール・バヌアツ),防災,AEDや応急手当などの救急法などについての様々なワークショップが行われました。他校の生徒たちとも協働しながら,意欲的に活動ができました。赤十字の態度目標である「気づき・考え・行動する」ことの大切さを実感した2日間でした。この経験を今後の生活にぜひ活かしてほしいです。



ビブリオバトル全国大会出場



3月28日(水)東京の上智大学にて,ビブリオバトル全国大会が行われ,本校生徒1名が参加してきました。県内の予選を勝ち進み,準備を重ね挑みました。



しかし,全国の壁は厚く,準決勝で敗退してしまいました。



それでも,全国の場で堂々と発表できたことを自信にして,これからも本の魅力を語っていきたいと思います。



藍青賞を受賞しました



2月17日(土)に徳島県立総合教育センターで,平成29年度徳島県藍青(らんせい)賞表彰式があり,本校の生徒7人が受賞しました。藍青賞は,社会の変化に対応し,新しい時代をひらく,たくましく心豊かな徳島の子供を育成することを目的として設けられたものです。「藍」は徳島の伝統的な藍染めの「あい」を,「青」は「青春」や「青少年」の「あお」を表していて,青少年の優れた活動を顕彰するとともに,今後の活躍を期待して贈られます。本校では,運動競技の分野で女子水泳部の4人と,研究・制作・表現活動等の分野で科学の甲子園ジュニア全国大会徳島県代表チームの3人が受賞しました。今後の活躍を期待しています。



ビブリオバトル(書評合戦)に出場しました



平成29年11月18日(土)に文化の森の21世紀館で開催された「第1回中学・高校・大学生『書評合戦』ビブリオバトル(全国中学校ビブリオバトル2017徳島県大会)」に,本校の生徒3人が出場しました。3人はそれぞれ,中田永一作『くちびるに歌を』,平田オリザ作『幕が上がる』,ダン・ブラウン作『ダ・ヴィンチ・コード』という本のすばらしさを5分間で紹介し,その後,参加者からの質問に答えました。中学生にとっては初めての大会でもあり,皆,お気に入りの本の良さを伝えるために練習してきました。その結果,一人が初代チャンピオンとなり,3月に東京で開催される全国大会へ出場します。全国大会での活躍を期待しています。



徳島県中学校英語弁論大会,全国中学生創造ものづくり教育フェア徳島県予選大会



平成29年10月1日(日)に徳島県教育会館で開催された「第71回徳島県中学校英語弁論大会」に,本校の生徒が出場しました。“A Good Life”という題で約5分間の弁論を行い,各郡市代表24人の中で第1位に輝きました。これまで大学の外国人教員のアドバイスも受け,9月にあった本校の文化祭や徳島市・名東郡予選会を経て,ますます弁論に磨きがかかり,見事2年連続の第1位を獲得しました。この結果,11月に東京で開催される全国大会へ出場します。全国大会での活躍を期待しています。



また,同日に徳島県立総合教育センターで開催された「平成29年度全国中学生創造ものづくり教育フェア徳島県予選大会」に,本校の生徒10人が出場しました。木工の部に5人が,アイデアバッグの部に3人が,お弁当の部に2人が挑戦しました。アイデアバッグの部は,休憩や昼食もはさんで3時間30分の競技時間があり,競技終了後には作ったバッグの利用について2分間の発表もありました。皆,この日のために放課後練習などを行い,技量を高めてきました。当日は,十分に力を発揮できたようです。



科学の甲子園ジュニア県大会



平成29年8月26日(土)に徳島県立総合教育センターで開催された,平成29年度「科学の甲子園ジュニア徳島県大会」に,本校の生徒12人が出場しました。数学や理科に関する筆記競技と,実験を伴う課題に取り組む実技競技の両方に,3人一組で挑戦しました。その結果,2年生の男子チームが優勝し,12月2日(土)~4日(月)につくば市で開催される「第5回科学の甲子園ジュニア全国大会」へ出場します。本校からは毎年全国大会へ出場し,上位を獲得したチームもいました。今年のチームの活躍を期待しています。



四国総体



平成29年8月5・6日(土・日)に行われた四国中学校総合体育大会に,本校の生徒が出場しました。硬式テニス団体に出場した男子7名のチームは,見事準優勝を収め,3年連続で全国大会への出場を決めました。地元で開催されたこともあり,多くの保護者や先輩等の声援を受け,精一杯のパフォーマンスを発揮しました。水泳競技に出場した男子2人,女子5人も,自己ベストを目指して頑張りました。女子400メートルフリーリレーでは,県総体のときの記録を更新し,四国1位に輝きました。女子1人が200メートル背泳ぎで全国大会に出場します。これからの活躍を期待しています。



市陸上競技大会



平成29年7月27日(木)に行われた徳島市中学校陸上競技大会に,本校の生徒11人が参加しました。自己記録を更新したり,大舞台で力を発揮できたりしました。運動に親しむ習慣を築いたことや,何かに挑戦する気持ちを形に表したことでは,今回参加した全員が勝者であると言えます。今後の活躍も期待しています。



市総体水泳の部で活躍



平成29年7月1日(土)に行われた,徳島市中学校総合体育大会の水泳競技の部で,本校の生徒が活躍し,女子団体優勝,男子団体第3位の成績を収めました。女子は3連覇を果たすとともに,200メートルメドレーリレーと200メートルフリーリレーで大会新記録を樹立しました。7月22日(土)・23日(日)に開催される県総体での活躍も期待しています。



避難訓練を行いました。


9月9日(水)6校時に、南海地震を想定した避難訓練を行いました。第1次避難として、体育館に避難し、その後、校舎3階、4階に2次避難をしました。その際、助任保育園の園児も一緒に訓練を行いました。園児たちの避難の際には、3年生が園児たちの手を引いて上に上がりました。今後、何回か訓練を行い、いざというときに自分の身を守る行動がとれる力をつけていきたいと思います。



生徒の活動の一覧に戻る